2017.09.20

みなさんは、生きていて、何が一番うれしいですか。
この質問に対しての私の答えは、……ちょっと変わっているかもしれません。
私は、自分が生きてて、一番うれしいこと、つまり、一番のやりがいのあることは、
「ひとに何かを分かってもらうための新しい手法を考え出す」ことなのです。

こどもたちに、この世の中には、こんな面白い考え方ややり方がある、ということを分かってもらうために、ピタゴラスイッチを作ってきました。アルゴリズムっていう面白い考え方を分かってもらいたくて、「アルゴリズムたいそう」や「アルゴリズムこうしん」を考え出しました。一対一対応という考え方を理屈ではなく分かってもらうために、「おとうさんスイッチ」を生み出しました。他にも、経済の本質というものを分かってもらいたくて、「経済ってそういうことだったのか会議」を企画し、竹中平蔵さんと作りました。25年ぐらい前には、サントリーのモルツやTOYOTAのカローラⅡや、NECや湖池屋などのTV-CMを作っていましたが、それらも、商品名や商品特徴やキャンペーン名を分かってもらう新しい手法には、どのようなものがあるのかを研究開発したくて行っていたのでした。

新しい分かり方

私は、ひとが何かを分かるとき、小さな『生きててよかった』が生まれると思っています。例えば、サンドウィッチを食べながらコーヒーを飲んだら、苦手だったコーヒーのおいしさが分かった時、積分の基本的な考え方が教科書に載っていた部分求積法で分かった時、HMVというレコード屋さんの名前が “His Master’s Voice” から来ていて、あの犬のイラストの物語が分かった時、などなど……。
そして、分かった瞬間には、満足感と爽快感が混じり合った、なんとも言えない気持ちよさが得られます。
つまり、自分が生きがいとしてずっとやってきた、分かってもらうための新しい手法の探求は、生きててよかったを生むための手法の探求でもあったのです。

この秋、刊行する『新しい分かり方』という書籍には、幾十もの「分かってうれしい」「分かって腑に落ちる」が入っています。同時に幾十もの「分からないけど、なんかうれしい」「分かるけど、なぜ分かるんだ」も入っています。他にも、「分からないけど、この分からなさはなんか初めてだ(これを「新しい分からない方」と呼ぶ)」もあります。

どうか、手に取って、『新しい分かり方』の数々を心ゆくまで確かめてください。そして、あなたの内に、新しい表象が立ち上がるのを確かめた後には、随筆も読んでみてください。「新しい分かり方」を体験したあなたに読んでほしい随筆を6編書き下ろしています。一冊の本の中に、作品の体験とその体験を共有した読者のあなたに向けての随筆があるという

今までにないメディア・デザイン

です。この本にしか存在しない空間を是非、享受していただきたいと思います。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

書籍『新しい分かり方』には、興味深い分かり方をする表現が満ちあふれていますが、その中でも、私がこれは絶対体験してほしいと推薦したい作品と随筆を挙げます。

塩とたまご
金槌と釘の一連
指の下
5円玉とカメラ
いたずら顔の理由
水の影
L I G H T
何の絵本
しおり
紙の裏からこんにちは
ジョン、メディアからの脱出を試みる
父、グスタフ王の命令
ある蜘蛛を讃える詩
秋の象嵌
新しい生物
円弧の中心
へんな箱
世界のはじまり

(随筆)
モダリティの話
系が違う
象嵌(ぞうがん) 医学部2号館

ちょっと多かったですかね、推薦の数としては。
 でも、そんな気にもなるような作品群が並んでいます。その中でも、私が一番好きなのは、……これは秘密にしておきます。では、「新しい分かり方」、是非お楽しみに。

2017年 秋  佐藤雅彦

『新しい分かり方』
著者:佐藤雅彦
発行所:中央公論新社
価格:1,900円+税

Amazon.co.jp
honto.jp
中央公論新社

2017.06.21

ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、初めてのクラウドファンディングをやっています。

私が勤めています東京藝術大学で、新たなアーティスト支援を拓く取り組みとして、
東京藝大×クラウドファンディング という活動が、この4月から始まり、
学内でその募集がありまして、応募したところ、採択されました。

芸大クラウドファウンディング

プロジェクト名は、

 佐藤雅彦研究室/表現手法の探求 短編映画群 “ filmlet C ” 製作

と言います。その名が示すように、実験的な短編映画を作りたいと思っているのです。
今まで東京藝大の佐藤研の修了生達と、カンヌ国際映画祭に招待上映された「八芳園」や、今、映画祭のコンペに出展中の「父帰る」など短編映画を作ってきました。しかし、資金的に壁があり、これ以上の製作は難しいという状況のところに、この藝大内の取り組みが発表されたのでした。

現在のクラウドファンディングの状況ですが、最初の目標は達成し、NEXTGOALが設けられているところです。

もし興味があれば、下記から、私たちの活動を見ていただきたく思います。
支援していただくと、例えば、完成試写会に招待されたり、エンドロールにお名前が載ったり、あるいは私の特別講義を聴講できるようになっています(もちろん聴かなくたって大丈夫です、義務ではありません)。

https://readyfor.jp/projects/c-project

期間:2017年6月30日(金)午後11時まで

東京芸術大学大学院映像研究科 佐藤 雅彦
filmletc

2017.01.26

東京芸術大学映像研究科と横浜市文化観光局の合同企画である
「こどものためのシアター」、その中で高校生対象に講演をします。
演題は「目で見る数学 目で見る物理  ー映像だから分かること」です。

数式や文章だけでは、とっつきにくい数学や物理でも、映像をうまく使うことで、途端に分かりやすくなったり、関心が生まれたりしてきます。
では、どのように映像を作り、その映像をどのように使えば、難しい概念も理解できるようになるのでしょうか。それを話したいと思います。

東京芸術大学大学院映像研究科 佐藤 雅彦

日時:2017年2月4日(土)14:00〜16:00
場所:東京芸術大学横浜キャンパス 馬車道校舎
最寄り駅:みなとみらい線 馬車道駅(徒歩1分)
定員:90名
対象:高校生
もちろん無料です!
申し込みなどの案内ページ:http://www.fm.geidai.ac.jp/news/2902

2016.12.21

新しい指針のピタゴラ装置のDVDーbook を出しました。
今回は、初めて、Bluーray book も一緒に出版されます。

タイトルの「ピタゴラ装置はこうして生まれる」で分かるように、
ピタゴラ装置の作り方、考え方に主軸を置いています。
私が書いた序文を引用します ーーー

作り方を作る

ピタゴラ装置は、どうしてあんなにも
気持ちをとらえて離さないのか。
どうやったら、あんなにも面白い装置を作ることができるのか。
それは、「ピタゴラ装置の作り方を作ってきた」からに
ほかなりません。

ピタゴラ装置はこうして生まれる

この本には、新しいモノを作り出すとき、とても大切にしなくてはならないことがピタゴラ装置を事例として示されています。
是非、存分に楽しみながらも、新しいモノを作るとはどういうものか、新しい表現を生みだすには、どのような方法があるのかを知ってほしいと思います。

映像としては、世界をあっと言わせた「ビーだまビーすけの大冒険」やNHK教育で放送して大評判になったピタゴラ装置特番(60分)がまるまる入っています。あと、未放送の魅力ある映像もたくさんあります。(全体で約90分もあります。)

でも、私が一番見せたいのは、映像の後半部分です。本に書かれているピタゴラ装置の素となった考え方とともに、その装置群を見てほしいのです。そして、その装置ひとつひとつの背景にある考えの道程をも見てもらえたら、本当に本望です。

それと、もうひとつ、、、
折角この本を購入しても、気づかれないまま閉じられそうな部分があります。
敢えてお伝えしますが、
そこは私が力と時間をかけ、作った頁なのです。
それは書籍の中の頁ではありません。
実は、カバーの裏を見ていただきたいのです。
そこには、私が1970年代から集め始めた、
ピタゴラ装置に登場する文房具や薬や、お菓子のパッケージの説明を書きました。
私は、ピタゴラスイッチが始まる30年前も前から、こんな小物を
世界のあちこちで蒐集していたのでした。
是非、カバーをめくって見てください。

東京芸術大学 映像研究科 教授 佐藤雅彦

追伸:ブルーレイ版とDVD版の両方があるので、
お間違いのないようにお求めください。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

ピタゴラ装置はこうして生まれる

第1章 テーマから作る
意味の変容
もののふるまい
見えない道
動きのアイデンティティ

第2章 次世代テーマへの挑戦
認知科学
物性科学
装置に物語を吹き込む

第3章 工学的機構から作る
カム機構
ラチェット機構
部品分離

第4章 “ 小さな思い ” の具現化
重力に逆らう装置/同じ道を何回も通る装置/自分で道を切り拓く装置/音楽を奏でる装置/最後はうまく一緒になる装置/勝手に自分で散らかしたものを自分で片付ける装置/これから自分が進むであろう方向を先行して示してくれる装置/一周してスタート地点へ戻ってくる装置/みんなが知っているあの機械を模した装置/きちんと直角に方向転換する装置


著者:佐藤雅彦 + ユーフラテス
発行所:小学館
参考価格:DVD 版 2,370円(amazon) Blu-ray版 2,674円(amazon)

Blu-ray版(amazon)
DVD版(amazon)
小学館 本書紹介ページ

2016.12.09

佐藤雅彦です。
久々に講演をします。

来たる12月10日(土)、青山学院大学で催される【EDIM16’】「教育デザインと情報メディアを考えるシンポジウム2016」での招待講演です。
講演タイトルは、

 こうすると見えてくる
 こうすると伝わる
 こうすると分かってしまう
   ーコミュニケーションデザインの方法の作り方

です。

今まで、研究開発してきた教育方法と表現方法を、ピタゴラスイッチや考えるカラスやTV-CMなどへの実践を交えて話したいと思います。
どのようなコミュニケーションデザインを作れば、学習者や視聴者が主体的に、その情報を取り入れ、咀嚼するのかを解説していきます。
講演時間も通常より長く、90分(大学での講義時間一コマと同じ)にしてもらいました。
座席に限りがあるということなので、希望する方は、お早めに下記のURLにあるフォームで申し込んでください。
もちろん無料です。

申し込みはこちら↓
教育デザインと情報メディアを考えるシンポジウム2016(青山大学)web site
https://symp.aim.aoyama.ac.jp/2016/

日時:2016年12月10日(土曜日)午後13時からシンポジウムは始まります。
場所:青山学院大学 青山キャンパス 総研ビル(14号館) 12階 大会議室
〒150-8366 東京都渋谷区渋谷4-4-25 (→地図pdf
主催:青山学院大学 情報メディアセンター(AIM)

BACK TO TOP

Page 1 of 24: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 »