2007.12.11

中をそうぞうしてみよ
ユーフラテスといっしょに福音館の
「かがくのとも」の1月号を作りました。
「中をそうぞうしてみよ」
というタイトルです。
編集の方から、最初にお話しがあり、
企画したのは、2年半も前のことでした。
それから科学の面白さを子供や
ご両親にわかってもらおうと、
ある電機メーカーに協力してもらい、
特別な楽しい構成に仕上がりました。
お楽しみに。

装幀は、佐藤研の研究員そして
ユーフラテスのメンバーでもある山本晃士ロバートです。

佐藤雅彦

月刊誌なので、購読している幼稚園や小学校、
ご家庭に届くしくみですが、
発売からしばらくは、書店でも買うことができます。
(12月初旬には店頭に並ぶ予定です)

福音館書店 かがくのとも 2008年1月号
中をそうぞうしてみよ / Amazon.co.jp

2007.12.11

フレーミーとのみのノミー
フレーミーの新作えほんができました。
作者は、うちのますみさんと
かいづかともこ(EUPH)と
うえ田みお(EUPH)です。
今回は、のみのノミーがサブ主人公です。
テレビのピタゴラスイッチでも
登場したばかりです。
とても小さいですが、
人気のほうはすでに大きいです。

僕も、えほん本体ではなく、
うら表紙の内側にある特製ポケットに入っている
とても小さなえほんで参加しています。
この本の打ち合わせをしているとき、
きゅうに、のみのノミーのえほんだから、
のみbookを作ったらいいのではという構想が生まれてしまったのです。

のみブック

↑『のみBOOK』と10円玉

ぜひ、おたのしみください。

装幀は、ずっとこのシリーズをやってきたかいづかともこです。

佐藤雅彦

なお。EUPHとは、EUPHRATES(ユーフラテス)の略です。

ピタゴラブック(4)
フレーミーとのみのノミー
ユーフラテス+うちのますみ さく
ポプラ社刊 1100円(税別)

ポプラ社
フレーミーとのみのノミー / amazon

2007.12.11

ピタゴラスイッチの携帯サイト(ピタゴラサイト)が、
Yahoo!ケータイに対応しました。
ソフトバンク携帯のみなさん、本当におまたせしました。

ピタやゴラや百科おじさんやスーやテレビのジョンが待っています。
フレーミーも10本アニメの10人もいます。

携帯でしか、見られない大人気のたこスイッチやプログラムロボットもいます。

是非、おたのしみに。

行き方は次の通りです。

【Yahoo!ケータイ】

Yahoo!ケータイ → メニューリスト → 壁紙・待受 
→ キャラクター → ピタゴラスイッチ
装置も 待ってます!
是非、来てください。

QRコード

 

2007.10.30

六本木ヒルズ53階の森美術館で
現在公開している『六本木クロッシング』というグループ展に
私、佐藤雅彦と桐山孝司氏と共同で作った作品を出展しました。
「計算の庭」という、RFID技術を使ったインスタレーションです。

計算の庭(六本木クロッシング)
計算の庭(六本木クロッシング)

実際にやってみると、計算の概念が体をとおしてアクチュアルに分かります。
新しい、楽しい体験です。

桐山孝司氏は、東京芸術大学の映像メディア専攻の同僚です。
ふたりで勝手に「ユークリッド〈euclid〉」というユニットを
昨年からはじめており、
この「計算の庭」はユークリッドの第1作になります。

森美術館、または六本木近辺へ行く機会のある方は、
是非ためしてみてください。

佐藤雅彦

詳しくはこちらをご覧ください。
→ MORI ART MUSEUM [ 六本木クロッシング2007 ]

2007.10.23

All I want to say to you

真心ブラザーズのまたまた名曲「All I want to say to you」のPVを
ユーフラテスと作りました。曲も歌も素晴らしいですが、
PVもちょっとすごいです。

歌詞などのテロップが入ってない状態で見てほしいと思います。
理由は見るとわかります。

PVの企画は、ユーフラテスの佐藤匡、
もちろんディレクションも佐藤匡です。

制作はユーフラテスですが、
慶應大学の佐藤研の現役・OBにも手伝ってもらいました。

佐藤 雅彦


All I want to say to you : 作詞・作曲 桜井 秀俊
             歌 YO-KING
       PV   : 制作 ユーフラテス(=EUPH)
            CD 佐藤 雅彦
            dir 佐藤 匡

2007.09.23

midnight animation
私とユーフラテスで作った
『midnight animation』が出版されます。

これは、昨年、DIC(大日本インキ)主催の
色をテーマにした展覧会「COLOR OF 10」に
展示した作品ですが、
来場者投票で1位になったために
書籍化の運びとなりました。

この本を、部屋を暗くして付属DVDを再生し、
その画面からの光を受けると、
なんと本なのにアニメーションが始まります。

次の点に留意していただくと、とてもよく動きます。

midnight animation の見方

・部屋を真っ暗にする。
(夜、見てください。それでmidnight animationと言います)

・光がうまく本のページにあたるように、光源や本の向きを調整する。

・PCのDVDプレーヤーを使う場合は、画面の輝度を一番明るくする。

試してみてください。
紙というメディアの上でアニメーションが動くのは面白いです。

造本としても、精緻さの上に築かれた世界観が凄く美しいです。
装幀は、山本晃士ロバート(euphrates)です。

佐藤雅彦

企画・制作=佐藤雅彦+ユーフラテス
A5判(冊子+カード+付属DVD)
美術出版社刊 2,625円(税込)

早いところでは9月26日、
普通の書店では27日に店頭に並びます。
(とは言っても、特別仕様なので、大きな書店だけかもしれません)

 →   美術出版社 | midnight animation
 →   midnight animation / Amazon.co.jp

2007.09.03

きみとぼく 00
真心ブラザーズの二人から依頼されて
新曲のPVをユーフラテスの
メンバーと作りました。
新曲は「きみとぼく」という
とても気持ちのいい歌ですが、
ちょっとだけもの悲しさもあり、
そこが心に来ます。

PVの企画は、ユーフラテスのうえ田みお、
もちろんアニメーションもうえ田みおです。

佐藤 雅彦


    きみとぼく:作詞・作曲 桜井 秀俊
          歌 YO-KING
    PV    :制作 ユーフラテス
          CD  佐藤 雅彦
          dir+animation うえ田 みお

2007.06.06

佐藤雅彦とユーフラテスが制作した ISSEY MIYAKE の
今年の PARIS Collection のための映像、
「A-POC INSIDE」が
ニューヨークADC賞 の Gold Prize を受賞したので報告します。

◎下記からニューヨーク ADC のサイトに行けます。
 ISSEY MIYAKE A-POC INSIDE.
 そこには、受賞作品がいくつか並んでいますが、その中で、

A-POC inside


←を選ぶと、ISSEY MIYAKE A-POC INSIDE.
 のページに行けます。
 そこに、LAUNCH MEDIA というボタンが
 ありますので、
 そこをクリックすると、
 受賞作品(アニメーション)が見られます。




↓ こちらは、ISSEY MIYAKE/A-POC のページ

http://www.isseymiyake.com/isseymiyake.html

サイトへ飛んだのち、数秒待っていると「 A-POC INSIDE.」の映像が始まります。
さすがに本家なので、ニューヨークADCの映像よりも大きく迫力があります。
是非こちらでも。

2007.06.06

2006年夏にオープンしたDNP(大日本印刷)Gビルは、
ICタグなど最新技術の開発拠点として名高いですが、
そこの1階多目的ホールにある3面マルチスクリーン(4m×20m)の為の
オープニング映像を
佐藤雅彦+ユーフラテス+石川将也のチームで作りました。
タイトルは「イデアの工場」です。
この映像は、Gビル(五反田にあります)に行かないと見られないのですが、
その縮小版(1/3のサイズ)で、しかもダイジェスト版が、
ニューヨークADCのサイトで見られます。
こちらは、ニューヨーク ADC賞の Merit を受賞しました。
Gビルでの壮観さを想像できますので、ご覧になってください。

FACTORY OF IDEA


 ← FACTORY OF IDEA







2007.04.26

ユーフラテスの貝塚さん、うえ田さんたちが
明治製菓のサイコロキャラメルで
新しい考え方のキャラクターを作りました
(佐藤さんも基本構想で参加しています)

その名も、

 サイコロせいぶつ コんがらがッち

サイコロせいぶつ コんがらがッち


5箱入りサイコロキャラメルの
上の箱ふたつを組み合わせて、
いろんな生物を作って楽しみます





サイコロせいぶつ コんがらがッち ふたを開けたところの両側の小さいベロに
「コんがらがッち」達の性格が
こっそり書いてあって
たのしいので是非ぜひお見逃しなく。
箱の中味は、もちろんいつもの
おいしいキャラメルです

生産数はあまり多くないとのことなので、
お店で見つけた際には、これか!と、
手にとってみてください

全国のスーパー・コンビニに4月24日から
並ぶとのことです。

(文・うちの ますみ)
           

値段:サイコロキャラメル5箱セットで100円

扱い店舗:スーパーマーケットは イオン・ダイエー・西友
     コンビニは ファミリーマート・
     サークルKサンクス・am/pm で、全国展開です

2007.02.26

yamadagan.jpg
いつもここからの山田さんと一緒に本を著しました。
母体となったのは、毎日新聞に2年間連載していた
同名のコラムですが、
この書籍では、それに加え、山田さんが
その時期に書き貯めた
未発表の「やまだ眼」ネタ原稿(172選)と、
私の新しい解説も載せています。
世の中の微妙な真実を見抜き、ずばり切り取る、
山田さんの鋭さを、是非堪能してみてください。

*装幀は、慶応大学の佐藤研の卒業生で、
現在、研究員としてtopicsに所属する石川将也です。

佐藤雅彦

「やまだ眼」
著者    :佐藤 雅彦  山田 一成 著 
出版社名  :毎日新聞社
ISBN  :978-4-620-31794-6  
価格    :952円(税別)

世の中の、そこかしこに隠れ、点在する微妙な真実を独特なまなざしで 見抜き、
鋭く切り取る。天賦の才・山田一成の着眼を、天賦の考者・佐藤雅彦が
読み解き、ひとつの解とした。それが本書「やまだ眼」である。
抗(あらが)いようのない現実を受け入れ、噛み合わない歯車を確かめ、
日常を見据える。
日々の厄介も、不具合も「やまだ眼」は看過しない。
(帯の文章より)

 →   amazon
 →   セブンアンドワイ
 →   楽天ブックス

2007.02.14

auのみなさん、本当にお待たせしました。ピタゴラスイッチの
携帯サイトが、とうとうオープンします。2月22日(木)です。
テレビのピタゴラスイッチの制作チーム(ユーフラテス+
うちのますみ+ 佐藤雅彦)に、中村至男さんと
美術出版社のモバイルチームが加わり、
とても面白いコンテンツを作っています。
ピタも ゴラも 百科おじさんも テレビのジョンも スーも フレーミーも
10本アニメたちも ポキポキも ぼてじんも 装置も 待ってます!
是非、来てください。

◎ピタゴラサイトへの行き方

【EZweb】
EZトップメニュー →カテゴリで探す→ 画像・キャラクター
→ TV・ゲーム → ピタゴラスイッチ 

BACK TO TOP